手帳を毎年使っていて、

一番使いにくくてもてあまし気味だったのが「週間」のページです。

毎年いろいろ工夫してきました。

1つのやり方にたどり着くまで紆余曲折ありました。
(苦節10年^^;)

やっとここにきて落ち着いてきた感があります。

毎年毎年新しい書き方に挑戦するというよりは、

敗者復活させながら「日常生活」と「したいこと」と「しなければいけないこと」

のバランスをどう書いて、どう表現すればしっくりくるのかな?

ということに随分と頭を悩ませました。

何せ、それなりに生き方も生活も活動時間や行く場所も変化していったので、

その変化になじむのに時間がかかった気がします。

手帳は、私にとっては分身ですから、

頭が整理されていたら手帳の中身も必要なところに

必要なことをパパッとかけるのです。

頭の中に迷いや戸惑いがあると手帳もそれなりになる。

手帳が上手く思った通りにすっきりと書けないというときは

人生も何となくすっきりしていないとき。

と言うのが今までの私のパターンでした。

そう考えると、すっきりしないときと言うのは

これから先の生き方に変化が訪れている時なのかな?

と私の経験から思います。

もしあなたが手帳をずっと残しているのなら、

手帳を見てその変化を知ることが出来るかもしれませんね。

手帳を今まさに使っている最中と言う方も

日々の時間の中にそういう変化を感じること、気が付くことで

その後の人生の時間にしっかりと向き合う時期が来た。

と捉えることも出来ますね。

===今日の発見===
手帳はやっぱり人生のバロメーター。
こういうことを知ることが出来るから
私は手帳が好き♡
===========