暑くなってくるとついエスカレーターを使ってしまいます。

下る時よりも上がる時の使用率のほうが高くなります。

電車の中でも席が空いていると、

ついフラフラ~と座ってしまいます。

「空いている場所は私のために用意されてたものでしょう」

と心の中でつぶやいています。

都会で生活をしていると

何かにつけて便利なもの。

いとも簡単に便利なもの、楽な方へと行動してしまいます。

でも、果たしてそれでいいんでしょうか。

何でも間でも楽するほうを選んでいいんでしょうか。

年齢と共に体力、筋力は低下していきます。

「まだ大丈夫」「若いもん」

と思っていても、

頭の中の自分のイメージと実際の体力にはどんどん差が開いていきます。

でも、その差はなかなか自覚しづらくないですか?

日々体力が落ちていくのは分からないものです。

ならば、3年前は?5年前は?

と振り返って見ると分かりますよね。

3年前5年前にはできていたことが今はできなくなっている、

出来にくくなっている。

そう感じたらそれはやっぱり体力が落ちてきている証拠です。

私は両手の平を後ろで組んでグイッと上にあげる・・・

これが出来なくなっていました。

手のひらをピタッとつけて握ると肩に痛みが・・・・・

===今日の発見===
いつまでも体若くいたいけれども
それは無理なことなんですね。
出来なくなって初めて柔軟性のありがたさが身に染みました。
毎日少しずつ体を動かそう!!
===========