学ばないと「人」として“生きていけない”と言う事柄があります。

それは言葉の習得から始まり立つこと歩くこと。

会話すること、人とコミュニケーションを取ること、着ること、食べること。

ありとあらゆることを私たちは人から学びます。

昔、狼に育てられたアマラとカマラという二人の少女が

インドで発見、保護されたことがありました。

何もかもオオカミそのものだったそうです。

保護され人間として育て直しをされたようですが、

彼女たちにとって自然な生き方、生活は、

もうすっかりオオカミだったため、

長生きすることはできなかったようです。

人は環境によって、人との関わりによって人になってゆくものだということが

この実例からもよくわかります。

人生のはじめはどんな人から関わられるのか。

それは両親、お父さん、おかあさん。

そのお父さん、おかあさんがどんな考えを持っていて、どんな環境で生きているかが

生まれた子にとっての生きる条件になります。

生きる条件は人それぞれです。

選ぶことが出来ないからこそ、しっかりとその条件を受け入れること。

その条件を自分の力でどうしていくのかを考えるところから

自分の人生が始まるのだとしたら・・・

私の人生のスタートはとっても遅い。

それでも、自分の人生を生きる時間が残されていることが

ありがたい。

===今日の発見===
自分の人生をどう生きていくかは
自分で決めることが出来ます。
いくつになっても。
===========