負荷をかける生活をしていこう。

身体からのサインをキャッチする生き方をしよう。

父母は共に90歳まで生きました。

母の方が一歳年上で姉さん女房だったので父よりも長生きしました。

二人ともまさか自分がこんなに長生きするとは思いもしなかったでしょうね。

その年齢まで私は後30年あります。

その年まで生きられたらなぁー。

とそんな願いが湧いてきました。

認知症があり人のお世話になりながら晩年を過ごした二人を見ているので、

私は自立し自律して最期まで人生を送れたらなぁーと思います。

そのためには足腰が丈夫なこと。

骨関係が丈夫であること。

頭をボケさせないこと。

取りかからなければならない課題が一杯あります。

頭がボケない、アルツハイマーにならないための予防策が解ったと

NHKのためしてガッテン!で言ってました。

睡眠時間を6時間から8時間取ることだそうです。

それでグッとアルツハイマーにはなりにくくなるらしいです。

最近の私のセンサーは目の疲れです。

眼は直接脳に神経がつながっているから、

目が疲れてジンジン痛くなってきたらもう限界。

そこまでいかないうちに寝るようにしよう。

===今日の発見===
早速マンダラ手帳の人生計画「健康」の書き換えだ。
===========