「あ!この人のレジは遅いから別のレジに並ぼう」

そう思い何台かあるレジの人の顔を確認する。

毎日通っているので誰のレジが一番早く会計を済ませられるのかは

大体わかっている。

その人はとにかく遅い。

だから誰も並びたがらなかった。

急いでいる時に人の並んでいないレジを見つけ「ラッキー」と思ったら

その人だった・・・。

ということもよくありました。。

これだけ人が少ないから遅いと言っても大した時間は待たないだろうと並んだのに、

ほかのレジのほうに並んだ人が次々に会計を済ませている。

数回そんな体験をしました。

その人が勤めだして5年ほどたったでしょうか?

手も早くなり、レジのコツも覚えたようで、

作業に流れを作ることが出来るようになり、結果人の流れも作れるようになりました。

今日、その人のレジに並びました。

私の番が来た時に「お願いします」と声をかけ品物を託します。

手際よくバーコードを読み取り、お会計をする時には私の顔を見て

にっこりと笑い「ありがとうございます」

と挨拶してくれた。

ステキに輝いた笑顔だった。

===今日の発見===
毎日続けるからこそ成長する。
その人でもいいからとレジに並んだ人がいるから
その人は成長できたということでしょう。
どんな形であれ、応援する心を持っていたい。
===========