もう10年。いやまだ10年。

手帳使用歴はもう少し長いですが、

1つの手帳にこれだけこだわり使い続けて来たのは

マンダラ手帳が唯一のものです。

他の手帳との違いは何かあったのでしょうか?

それは手帳を使い始める時に、

この一年にどんなことをしたいのか?

どんな毎日を過ごしたいのか?

どんな自分になっていきたいのか?

を考える時間を大切にするところです。

そしてその気持ちを記録に残しておくページがあることです。

時間に流され毎日を過ごす私たちにとって

「今」に立ち止まり、年末の12月31日を見ることは

山に登って下に広がる景色を見るようなもの。

全体がどうなっているのか、全体をどうしたいのかをイメージする時間。

それは人生にとって大切なかけがえのない時間です。

イメージをすることで今から未来につながる一本の道を

見つけることが出来るからです。

そして何より、一冊の手帳にこだわることで

「この手帳をどう使おうか?」と言う悩みから解放され、

自分の人生にガッツリ向き合える時間が持てるようになるということなのです。

===今日の発見===
「これ!!」と一冊の手帳を決めること。
それだけでも悩むことに使う時間が
格段に減るなぁ。
===========